ストラテラを飲んで1ヶ月が経過。自分には「効果あり」なので服用した感想を書いてみる

こんばんは、モリモトです。

前の記事で、ストラテラをコンサータと併用し始めたと書きました。

ストラテラを飲み始めてからひと月ちょっと経過しましたので、飲んだ感想について見てみたいと思います。

結論から言うと「自分には合っていた」薬だったと思います

あくまで個人的な意見ですが、結論として「なんでもっと早く飲まなかったんだろう」
です。 

そうは言ってもデメリットかな?、と感じられることもあるので、効果とメリットデメリットを順番に書いていきたいと思います。

なぜストラテラを飲み始めることになったかは前回の記事を参照してください

ストラテラをコンサータと併用することになりました。ADHD治療薬の併用とは?

スポンサーリンク

ストラテラの効果とメリット

明らかに、夜疲れにくくなった

メリットとしては夜疲れにくくなった、ことでしょうか。

ストラテラを飲み始める前は、もう19時に家に帰るとグッタリという感じだったのですが、最近は夜12時、状況によっては夜1時ぐらいまでは普通に起きていることができます。

僕は夏に弱い体質なので、毎年夏はぐったりなのですがそう今はそうでもないです。

これは薬の効果として言っていいでしょう。

副作用は特になかった

副作用らしい副作用は、今のところ僕には出ていません。
吐き気や眠気胃のむかつきなど副作用が強烈に出る人もいると聞くので、すごくラッキーなことだと思ってます。

スポンサーリンク

でも、デメリットらしきものもある

なんだか中途覚醒が多い

夜中に少し目が覚めてしまうことが何回かあります。元々あった性質ですが、ストラテラを飲み始めてから少し多くなったかな?。と感じています。

朝予定時間よりも早く目が覚めてしまうことが多くなってきた気もします。

大体自分はいつも朝6時半起床なのですが、5時半くらいに目が覚めてしまうことがあります。

ただ、不思議なことに薬の効果なのか12時半に寝て5時半に起き、5時間睡眠でも特に日中眠くなることもなく過ごせているので、特に気にしないようにしています。

感情は、さらにフラットに

デメリットとしては、感情がさらにフラットになっているということでしょうか。

良く言えば物事に動じず淡々と進められる、悪く言えば感動が薄れてくるということでしょうか?

前に比べて本を読んだり映画を見たりネットをやったりで感情が揺れることがないので、情報を消費する時間は明らかに少なくなりましたね。

スポンサーリンク

無気力感がちょっと強め

夜起きていられるようになったことはいいのですが、無気力感はちょっと強めです。

感情がフラットになっていることとも関係があるのでしょうが、そのため「まあできなくてもいいか」と思うことが増えています。

具体的には部屋の片付けだったり、締め切りが今日じゃない仕事とかですね。

最終的に支障は出ていないのでまあこれは良しとしています。

やっぱり、コンサータと併用したい

おそらく、ストラテラだけでは厳しい。コンサータと併用したい

僕は今コンサータとストラテラを両方とも飲んでいるのですが、これがストラテラだけで毎日の生活が乗り切れるか?と考えました。

結論として「ちょっと難しいかな」と感じています。

おそらくストラテラだけだと仕事中にパワーを出すのが難しいと感じます。

コンサータは休薬するつもりもないのですが、集中力も今ほどは出ないかなと思いますし。

スポンサーリンク

個人にあった薬・量・タイミングはやっぱり違う

コンサータとストラテラを併用して思うことは、個人によって
・合う薬
・適切な量
・適切なタイミング
は全く違うんだろうな、と思いました。

他の方の服用日記を読んでいると、
・適切副作用がひどくて全く飲み続けられなかった 
・効果が全く感じられず服用をやめた
といった話も何名か見たことがありますので、本当に人それぞれなんでしょう。

今回「コンサータとストラテラを併用してみよう」と提案してくれた主治医の先生には本当に感謝しています。

スポンサーリンク

ADHDかも?と思っている人へのアドバイス 

ストラテラはコンサータと違って認定を受けた医師しか処方できないという薬ではありません。
どの医師でも処方は可能なので、コンサータよりも広く流通している薬のようです。

なので、僕と同じように発達障害ではないかと悩んでいる方は、お医者さんに相談してみることをお薦めします。

コンサータとストラテラ違いは確かに色々あるのですが、結局は「自分に合うか合わないか」だと思っています。

効果がある人は効果がありますし、ない人にはありません。

副作用が出たらやはりそこの薬を飲み続けることはできないので、違う薬を試せないかどうかお医者さんに相談すればいいだけの話だと思っているので

ただ、前にも書きましたがやっぱり薬だけでは駄目なんです。
発達障害の薬というのは例えば風邪薬みたいなもので、飲んだら風邪が治るというだけです。それによって元々あった能力が進歩するというわけではないです。

いわばマイナスの状態にあるものをプラスマイナスゼロに戻すという程度のものかなと思っています。

まあ風邪と違って脳内に左右する薬ではあるので違うということは間違いなくあるのですが。

薬もトライアルエラー、試行錯誤が大事

薬もトライアルアンドエラー、試行錯誤が大事ですね。
僕もまだまだ100%完璧ではありませんが、薬のタイミングを調節しながら、それ以外の生活習慣も身につけて、以前とは違う生活を送っていきたいと思っています。

スポンサーリンク

※画像からLINE@登録できます。10秒もかかりません。

さいごまで、ありがとうございました。

また、次のエントリーでお会いしましょう。

1 個のコメント

  • 初めまして。自分はdr.mと申します。自分は今精神科にかかっており、統合失調症と双極性障害と告げられて今も薬を服用しています。私は発達障害なのかは定かではありませんが、ネットでの発達障害の検査をしたら発達障害の可能性が高いという結果が出ました。ですが一番私が苦しんでいる症状は、幻覚(主に幻聴)なのです。多分それを聞かれると統合失調症だとは思われると思いますが、なぜその自分がこのコメントを書こうと思ったのは、コンサータを服用したいと強く思っているからです。なぜコンサータを?と思われると思いますので、長々と書くのは失礼と思いますので簡潔に書きたいと思います。私がこの幻聴に悩まされ始めたのは20の頃からです。それ以前にも幻聴らしきものは聞こえていたのですが、そんなに酷くなく、皆同じだろうと思っていました。20になり、その幻聴が悪化し、色んな人の声で自分を罵ったり、罵倒するような声が睡眠時間以外耳の横で拡声器でも使って言われているようなくらいに聞こえていて、それから3年間色々と病院を変えてようやく統合失調症の権威のある医師と出会うことが出来、自分が統合失調症だと分かりました。しかし、色々治療法を試しましたがその幻聴はなくなることはなく6年が経ちました。ある日、出会い系である女性と仲良くなり会うことになりました。何度か会ううちに自分は幻聴が酷くて苦しんでいるという事も打ち明けることが出来る仲になり、その女性がある日持ってきた物がありました。彼女曰くこれをしたら幻聴消えるよ。と言われ差し出された物は違法薬物でした。自分はそれが違法薬物とは始めは認識しておらず、ただただ、幻聴から逃れられるという言葉に藁をも掴む思いで試しました。すると、それが本当にソレを試した瞬間に幻聴が消えることはありませんでしたが、コソコソっと聞こえる程度になりました。本当に私はその時の事がどれだけ幸せな時だったかは表せないくらい楽な時間でした。その後、私はそこ女性にコレは違法薬物だと聞かされましたが、幻聴から逃れる為に使用し、結果お上のお世話になるという形になりました。私はその後、色んな医師にその事を話しましたが、医者から帰ってくることばは、悪化する事はあってもそんな事はないと言う言葉でした。でも、それは本当の事で何も嘘偽りのないことなのです。私はそれが証明出来るものはないかと色々模索した結果、世界ではその違法薬物が幻聴を抑える事が出来るという実証が出ているという記事を見つけました。それ以外にも世界では、色々な検証結果が出ており、今ではそれを治療法に取り入れている国もありました。そしてある機関に通っている時に、臨床心理士の人にその事を相談したところ、コンサータという薬を試してみては?という事を言われました。コンサータはその違法薬物と同じ効果を与えてくれる薬だからきっと幻聴にも効くはずだと教えて頂き、そしてコンサータを処方してもらえる医院を探した所、ここのブログにも書いてありますが発達障害にしか処方されない事を知りました。日本がこれ程までに遅れている国だとは思いませんでした。私はそのコンサータで幻聴が消えるかもしれないという目の前に、幸せがあるのにそれには届かない地獄で今も日々過ごしています。多分それは私だけではないと思います。幻聴に苦しんでいる人は沢山いると思います。私は、今回ネットでの検査で発達障害の可能性があると出たので、発達障害の専門の医療機関に行ってみようと思いますが、そこでコンサータが処方されるかは分かりませんし、発達障害と診断されるかも分かりません。ですが、私のようにコンサータを発達障害以外の症状にも処方されてもいいと思いますが、それはエゴでしょうか?統合失調症は未だに解明のされていない病気です。人それぞれ症状も違い、色々なその症状に苦しんでいる人が沢山います。コンサータが、日本でもその治療に使われる事を願ってここにコメントを残させていただきました。どうかこの思いを広げて頂けたらと思います。長々とすみませんでした。
    しかしコンサータの効果が色々な効果を発揮するという事を知っていただけたらと思います。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    モリモトミライ

    ADHDでLGBT。「残りの人生、やりたいことをやって生きたい」42歳。男性。 41歳でADHD(注意欠陥・多動障害)と診断されてから「自分と同じ苦労をさせたくない」ために日々活動中。転職・仕事術・ライフハック等が得意分野。