2017年は、走りながらブログについて考えたい

 

こんにちは、モリモトです。お正月休みもそろそろ終わりですね。

今年はブログを真剣にやる!と決めました。
 
が、新年早々、元旦から39℃の高熱を出すという最悪のスタートになりました笑。
 
それでも、2017年は、走りながらブログについて考えたいと思う。
 

発達障害の治療のおかげか以前よりも集中力もついてきましたしね(※)。
※以前のエントリ「ADHD治療薬コンサータを飲んだら生活が激変したよ。41歳で発達障害判明」を読んで下さい。
 
今日はそう思った経緯について、書いてみることにする。

 

スポンサーリンク

ホールインワンを狙う練習をしない

コンサータを飲み始めて「全体感」がつかめるようになってきた。そこで思ったのは、今まではブログを書くのにゴルフで例えると「ホールインワンを狙う」練習ばかりしていた気がする。
いや、正確に言うと目標が非現実的で、練習すらしていなかった・・・だ。

ゴルフなら、上達するためにはドライバーもアイアンもパターの使い方も学ぶ必要がある(ブログでいうなら文章力やデザインや検索の研究)。
加えて、当然基礎練習から始めないといけない。
そこをすっ飛ばして、ホールインワンを狙う練習ばかりして手を動かしていなかったのだ。

・目標も明確化していかなったし(ブログで何を達成するか)
・達成のためのタスクも細分化できていなかったし(全体を把握しどこから手を付けるか)
・運にまかせていた部分もあった(最悪である)
ということだ。

ホールインワンが出る確率はプロでも1000分の1程度らしい。それでも、基礎練習があっての確率だろう。

走りながら考えたいと思う

以上の反省を踏まえて、今年はブログを書くことを基礎から始めたいと思う。

まず最初の目標、内容はともかく50エントリ分書く。次に100エントリ。そこまでくれば書くことには慣れてくるだろう。内容の検討は100エントリを越えてからにする。ぜーんぶオピニオン記事でもいいや、と思っている。

今まで「ブログ記事は検索流入を意識して」「人に役立つ価値のある記事を」と考えてたけど、それで続かなかったら意味がない。
内容やデザイン、検索流入対策等は、書きながら考えればいいやと開き直ることにした。

人に読んでもらうこともまずは2の次でいいと思ってる。
小目標は、まず最低ラインの100エントリを超えること。この目標を超えてから「質」、内容の向上を目指していきたい。

去年の終わりからブログを中心に考えたことは、やっぱり僕は他人の目ばかり気にしていたんだな、ということ。
それも、今上手くいっている人気ブロガーさんばかり(笑)
いきなりそこに行き着けるわけはないし、裏でブロガーさんがどれだけ血を吐くような(実際はわかりません)努力をしているかも想像していなかったと思う。

自分の記事を多く見てもらいたいと思うなら、まずはキーボードを一文字でも多く打つところから始めよう。自分はまずそこからだ。(そうすれば)少なくとも、去年の自分よりは成長できるのだから。

スポンサーリンク

やらないとわからないことが、たくさんある

PDCAのまえに、まずやっちまおう、ということだ。

今まではPDCAのP(Plan)すら上手くいかなかったのだけど、ブログについては、まずはD(Do)してから→PDCAにいけばいいんだなと。

まずDo(行動して実際に書いてみる)して大ざっぱな感覚をつかんでから、プランを立てていく。

それでいいんじゃないかと。

ブログも今回2-3エントリ書いただけで、これからどうやったら書き続けられるか、よりよくできるか、気付いたところがたくさんあった。

まずやって、やりながら考えよう

変化の速い現代社会において、成功者の秘訣は、走りながら考えられること。
かなり昔にどこかで聞いた言葉だが、少し、ほんの少しだが、いまさら理解でき始めた気がする。

ということで、2017年は走りながら(ブログを書きながら)、ブログについて考えていく一年になりそうです。

running
 
2018年のお正月は、今よりは進歩してればいい。
 
自分に負けないように、がんばります。
 
 

スポンサーリンク

※画像からLINE@登録できます。10秒もかかりません。

さいごまで、ありがとうございました。

また、次のエントリーでお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モリモトミライ

ADHDでLGBT。「残りの人生、やりたいことをやって生きたい」42歳。男性。 41歳でADHD(注意欠陥・多動障害)と診断されてから「自分と同じ苦労をさせたくない」ために日々活動中。転職・仕事術・ライフハック等が得意分野。